シドニーの達人.com[シドニーツアー探検隊]

豪人.comTOP

シドニーの達人.comTOP

シドニーツアー探検隊

観光

イルカウォッチング&大砂丘とワイナリー【体験記3】

イルカウォッチング&大砂丘とワイナリー【体験記3】

イルカウォッチング&大砂丘とワイナリー
ポートスティーブンスから出航して野生のイルカに大接近!至近距離でイルカの撮影が出来ます。その他にもビーチで潮干狩りや、大砂丘で4WDやサンド・ボードも楽しめます。その後、ワイナリーでおいしいワインを試飲。野生のコアラやカンガルーにも会えるかも?知れない、盛り沢山の充実したツアー。




今回のツアー探検隊員


小梅探検隊員
イルカウォッチングに野生のコアラ探し、大砂丘でのサンドボーディングにワイナリー!
内容盛り沢山のツアーに寄せる期待は大きく、ツアー開始の何日も前から楽しみにしていました♪


ポートスティーブンスへ出発!


「イルカウォッチング&大砂丘とワイナリー」ツアーは、まだ起き出していない早朝のシドニーの街から出発します。
今回このツアーをガイドしてくださったのは、シドニー在住暦4年のMatt Kondoさんこと近藤 盛人さんです!
日に焼けた爽やかな笑顔が素敵ですね!

早速バスに乗り込み、各ホテルから参加者の方々をピックアップしてシティから220km離れたシドニー郊外のリゾート地と言われる「ポートスティーブンス」へと向かいます。
シドニーを出る際にかの有名ハーバーブリッジを渡り、運がよければ朝日に輝くオペラハウスを臨めます。

目的地へは距離がある為、途中15分程の休憩を挟みます。

朝ご飯を食べていなかった私は、こちらでサンドイッチ($5.95)を購入していただきました。

マクドナルドなんかもありますよ。
バスの中では飲食禁止なのでご注意を!

桟橋でペリカンウォッチング♪


スムーズに目的地に到着し、クルージングの出港に少し時間があったので、Mattさんオススメスポットの桟橋に連れてきてもらえました。
休憩を挟みましたが、約2時間半強のドライブで縮こまった体を気持ちの良い潮風が癒してくれます。

こちらではペリカンを至近距離で見る事ができました!
電柱に鈴なりのペリカンさん達。

こちらでは海をバックに写真撮影をして楽しみました♪

ドルフィンクルーズへ出発!


いよいよドルフィンクルーズに出発です!

乗船してからすぐにMattさんからスケジュールと船の利用方法、ランチや船内で行なえるアクティビティ「ブームネット」のご案内等があります。
コーヒーや紅茶はセルフサービスで無料で飲めますよ。
また、こちらのモニターには、船の下から見える映像が流れており、お魚さん達が元気に泳ぐ姿を見る事ができます。

船の最上部からも海を見渡す事ができますが、Mattさんによるとイルカを一番近くで見られる甲板で待つのが一番とのこと!

晴れすぎず丁度良いお天気の中船はネルソン湾を進みます。

今回のクルージングで見られるイルカは正真正銘の野生のイルカ。
世界には37種類のイルカがいるそうなのですが、オーストラリアに居るのはその内の14種類。
そして今日見られのはボトルノーズドルフィンと呼ばれるバンドウイルカということです。
95%の確立で見られるイルカさん達ですが、Mattさんはその5%を体験した事もあるとの事。
見られといいな。。

遠く見える島の右端にある小さな岩。
イルカの背びれに見える事から「イルカ岩」と呼ばれているそうで、その周辺ではよく餌を取るイルカを見る事ができるのだとか。
でも、食事中のイルカは食事に集中して船に寄ってきてくれないそうで、できればあの岩場に行く前にイルカを見つける事が理想なのだそうです。

みんなで一生懸命イルカを探していると、船内アナウンスでイルカ発見との放送が!
いた!

群れで動いているイルカ達の背中が見えました。
今日のイルカさん達はあまりご機嫌がよくなかったようで、船に遊びに来てくれなかったので近くで見る事はできませんでしたが、何にせよ自然に生活しているイルカさん達を見られてよかった!
船はイルカさん達を刺激しないように遠めに船を並走させて進んでくれました。

イルカ岩に着いた所でそこで折り返し、ネルソンベイへと引き返します。
帰りは岸に沿って走るので、雄々しいオーストラリアの風景を見る事ができますよ。

イルカウォッチングを楽しんだ後は船内アクティビティ「ブームネット」タイム!
私、水着を持ってきておりませんで。。
参加できなくて残念だなと思っていたら、一緒にツアーに参加していたKくんとNちゃんが「行きましょうよ!」と誘ってくれました。
せっかくなので裾を捲り上げて海の上に張られるネットの上に立つというあまりできない体験ができました!

水着を持って来ている方は滑り台で遊べます♪
大人もおおはしゃぎ!

同じく水着を持ってきていなかったKくんは滑り台を体験したいものの服が濡れてしまうとしぶっておりましたが、参加者全員に「やれやれ~!」と囃し立てられ挑戦!
遣り切ったというガッツポーズです。

その後バスに乗らないと行けないので、水着はきちんと準備していきましょう!

「ブームネット」を楽しんだ後は船の最上部でクルージングを満喫しました。

美しいビーチや海岸線。

先程ペリカンを見た桟橋や港の様子が楽しめます。


お楽しみのランチタイム♪


そしてお待ちかねのランチタイム!

ランチはネルソンベイの港に戻った後、午後の食事付きクルージングに向かうお客様と一緒に食べる事になりますが、午前中に乗船している私達は優先的にお料理を取る事ができます。
ラッキー♪
サラダにパスタ、チキンやチップス&ナゲット、デザートのフルーツ等を食べたい分だけとっていただきます。

ツアー参加者の皆さんと旅の情報交換等のおしゃべりで盛り上がり、和気藹々とお食事できて楽しかったです♪

野生のコアラ探し


船を下りてからお手洗いを済ませ、次の「野生のコアラ探し」ポイントに向かいます!
到着したのはこちらのツアー会社さん丸秘のコアラ出没ポイントである公園の駐車場。

本当にこんな所にいるのかな。。と思っていましたが、本当にいた~!!

第一発見者はツアー参加者のお父さん。
本当に駐車場にある木の上にいたんです。
大きなお尻を木で支え、お昼寝中のコアラ。
そして更にコアラ探しを続けていると、今度はMattさんが発見!

先程のコアラよりも近く活動的で、ノビノビと動き回り、お食事をする姿を見る事ができました♪
本当に可愛い!

大砂丘でサンドボーディング!


お次はサンドボーディングを楽しむために、南半球で最大級の大砂丘「ストックトン砂丘」に向かいます!
日本の鳥取砂丘が砂場に思えるほど広大な砂丘を4WD車で走ります。

車を降りてからMattさんよりアクティビティの遊び方や注意点のご案内があり、早速サンドボーディング開始!
皆さん次々に滑っていきます。

傾斜角度25~40度の坂を滑り降りるのはスリル満点ですが、小さなお子さんも短いコースで楽しそうに砂遊びをしていましたよ。

楽しいので何度も楽しみたいサンドボーディングですが、この坂を上るのがなかなか大変。。
本当に広い砂丘です。

私達の時はとても過ごしやすい気温で、曇り空に時折日が差すベストの環境でしたが、砂丘の上は気温+3℃の暑さになるのだとか。
頂上からは広大な砂丘の風景と海が臨めます。
Mattさんのサポートをきちんと受けた上での2人乗りや、みんなでレースをしたりしても楽しいですよ♪

サラサラの砂の上でデジタルカメラを落としたら大変なので、撮影は最後にまとめて行ないます。
ここでは思い出に残る素晴らしい写真をMattさんが撮影してくれます!


広いビーチで潮干狩り


サンドボーディングを満喫した後は、みんなでビーチへ向かい貝を探します。
お子さんも楽しそうに水遊びしていましたが、大人も一生懸命です。
そんな中さすがはMattさん、あっという間に目的の貝を発見してしまいました。

こちらの貝を砂に置いて、しばらく観察すると・・・。
するすると砂の中に入っていこうとします。

そこを「ちょっと待って!」と抑えると、貝さんの中身が見えるんですね~!

かわいそうなので戻してあげました。

遠浅のビーチは本当に気持ちがいいっ!
こちらで撮影すると、海にも自分の影が写る写真をGETできます♪
童心に返った大砂丘ともココでお別れです。



ワイナリー


お次は最後の目的地のワイナリーへと向かいます。

こちらのワイナリーでは、美味しいワインはもちろんの事、地ビールも楽しめます。

ワイナリーへの道中でMattさんがどんなワインを試飲したいかを聞いてくれるので、その時に飲みたいワインがある人は伝えておきましょう。
私はワインはちんぷんかんぷんなので全てお任せです。
そして選ばれたのはこちらの5本+スパークリングワイン。

スパークリングワインから始まり、白を2本、赤を2本、そして締めにはポートワインをいただきました。

飲み比べをすると味の違いが分かって面白いですね。
その後お土産を選んだり、気になるワインについてMattさんに尋ねて購入する事ができます。

こちらではケーキやアイスクリームの販売も行なっており、みんなでアイスクリームを買って食べる事に!

中にはスウィーツではなく、地ビールを楽しんでいる方もいらっしゃいましたよ。
私はラムレーズンとヨーグルト&ブルーベリーをチョイス。
Kくん達が食べていたヘーゼルナッツも美味しかったですが、私としてはラムレーズンがオススメです!
幸せそうでしょう?

1日中動き回り、ワイナリーを後にする頃には、ワインでほろ酔い、更にアイスクリームのお腹もいっぱいと来れば気持ちの良いお昼寝タイムが待っています。
運転はMattさんにお任せして、ツアー参加者一同は休憩もなんのその、シドニーまでスヤスヤと夢の中でした。

シドニーシティに入りそろそろ到着とのアナウンス。
熟睡してすっきりです!
ここからMattさんから素晴らしいお話が聞けました。

IEC OCEANIAの理念と活動



今回参加したツアーを主催している「IEC OCEANIA」では、[Think Globaly,Act Localy]を理念に掲げ、様々な活動を行なっていらっしゃいます。
第一弾では年々数を減らすコアラの為にユーカリを植樹する活動を行ない、1998年から3万本を目標に掲げて行なってきましたが、2006年にしてその目標を達成。
2007年3月31日までになんと3万54本のユーカリの植樹に成功されたそうです。

更に第二弾ではスマトラ沖大地震への寄付を行なう為にチャリティーツアーを行ない、その売り上げを団体を通して寄付しました。
確実に目標を達成していく活動を行なう同社で第三弾に掲げられたのは「カウラに桜を植えよう!」という活動です。
活動の詳細は「こちら」から。

オーストラリアでは教科書にも載っている程の有名な事件を日本人が知らないのはなぜか。
その話を一部始終詳しく話してくれました。
今まで数々のツアーに参加し、中にはこのツアーの売り上げの一部を寄付しているという説明があった所もありましたが、そのお金をどのように役立て、どのような形で実績をあげているという説明をしてくれたのはこの会社だけでした。
自分達のお金が何本目の桜に当てられるという情報までもらえるので、自分がこの活動に参加している!と心から思えます。
HPではその情報をアップデートしており、活動の模様を見る事ができますよ。

ツアーを終えて



今回参加した「イルカウォッチング&大砂丘とワイナリー」ツアーは、本当に内容盛りだくさんの充実したツアーです!
オーストラリアに住む様々な動物達との出会いや童心に返る事のできるアクティビティ、そして大人の時間を満喫できるワイナリーでの時間。
更に、長いバスの道中では、ガイドのMattさんによる様々なオーストラリアにまつわるお話が楽しめます。
オーストラリアの習慣や歴史、スポーツや国民性等話題は多彩に広がります。
このツアーはリピーターの方がとても多いのだそうです。
充実したツアー内容に、参加するごとに変わるMattさんの豊かな話題とくれば納得の結果ですね。

ツアー参加者総勢8名という少人数のツアーでしたが、そのおかげでそれぞれの方々と仲良くなり、写真をメールでやり取りしたりもできました。
これらの出会いを大切にして、またいつの日かこちらのツアーに参加したいなと思いました。

ツアー参加者の皆さん、そしてMattさん、素敵な思い出をありがとうございました!

持ち物
ツアー参加券(バウチャー)、水着、帽子、サングラス、日焼け止め、暖かい上着(冬季)、多少の現金(ランチ時ドリンク、ワイナリーでのお土産etc)


今回のツアースケジュール


6:45 ホテル出発
8:20 高速パーキングエリアにてトイレ休憩
10:10 リトル・ビーチ
10:30 ネルソンベイ出港・イルカウォッチング
12:15 昼食
13:20 野生のコアラ探し
13:55 大砂丘にてサンドボーディング→潮干狩り
15:50 ワイナリー
17:50 高速パーキングエリアにてトイレ休憩
19:20 ホテル到着

※料金、ツアー内容はツアー参加時のものとなります。
最新情報は下記のリンクよりご確認下さい。



同じカテゴリー(観光)の記事画像
イルカウォッチング&大砂丘とワイナリー【体験記2】
イルカウオッチング&大砂丘とワイナリー【体験記1】
同じカテゴリー(観光)の記事
 イルカウォッチング&大砂丘とワイナリー【体験記2】 (2009-12-24 16:10)
 イルカウオッチング&大砂丘とワイナリー【体験記1】 (2008-09-05 01:03)

投稿日: 2011年05月05日

無料!新規ブログ作成
無料ブログの登録はこちら

はじめての方へ

オーストラリアで差がつくWeb戦略
無料WEBカウンセリング受付中!


削除
イルカウォッチング&大砂丘とワイナリー【体験記3】
    コメント(0)