シドニーの達人.com[シドニーツアー探検隊]

豪人.comTOP

シドニーの達人.comTOP

シドニーツアー探検隊

観光

イルカウオッチング&大砂丘とワイナリー【体験記1】

イルカウオッチング&大砂丘とワイナリー【体験記1】

野生のイルカに大接近!ポートスティーブンスからイルカを探しに出航!至近距離でイルカの撮影が出来ます。その他にもビーチで潮干狩りや、大砂丘で4WDやサンド・ボードも楽しめます。その後、ワイナリーでおいしいワインを試飲。野生のコアラやカンガルーにも会えるかも?知れない、盛りだくさんの充実したツアー。

今回のツアー探検隊員

シドニーの探検隊員
MEGU 探検隊員
今回は天候に恵まれずどうなるか心配でしたが、みんなで和気藹々と
1日たっぷり遊んできました!
★ 「イルカウォッチング&大砂丘とワイナリー」のご予約は、こちらから。★




お迎え


6時40分早朝の出発です。バスでお出迎えに来てくれたのは今回、ガイド兼ドライバーを担当してくれる小鷹さん(別名ショーンさん)です。

これから、北へ200キロ向かいます。約3時間のドライブ。バスの中では、まず始めに自己紹介。
ツアーの流れをショーンさんが説明してくれます。途中ショーンさん、カンガルーが出没する場所を教えてくれて皆で車内から探すと…いましたカンガルー!!!見つけられなかった人もいましたが、野生のカンガルーを初めてみました!!と、約1時間ドライブしたら休憩所に到着しました!ここは、高速道路(無料の道路ですが…)のパーキングエリアで結構広いです!コンビニ、ガソリンスタンド、マクドナルドとくつろげます。ここで約15分の休憩を各自それぞれでとり、ポートスティーブンスへ向けて出発!

車内では、ショーンさんがこれから向かう場所やイルカ、シドニーのことについて細かく説明してくれるので、3時間という長旅でしたがあっという間にポートスティーブンス・ネルソンベイに到着しました!

ポートスティーブンス・ネルソンベイ到着

ポートスティーブンス・ネルソンベイ
到着しました!!
シドニー市内とはがらりとかわり自然が溢れる郊外です。

時期的にクジラも見られる時期だったので、2組(クジラとイルカ)に分かれていましたが、今回は天候が悪く、雨も降っていて波も荒いのでクジラのクルージングはキャンセルになりました。
今回のツアーはみなさんイルカウォッチングになり、皆でクルーズが出航するまで数分待つことに。

出航場所にはお土産屋さんなどもあり、ゆったりできます。

ドルフィンクルーズ&ランチ

モーニングコーヒー 船内
時間になったので、船内へ!
クジラウォッチングがキャンセルになったので、通常クジラのクルージングに使う船を今回使用しました。

船内は広く、泳げるネットもスライダーもあります。水着があればいつでも泳がせてくれるようですが、今回は冬でしたので断念。
船内には無料のモーニングコーヒーやティーがありクッキーなども用意されています。

船内バーカウンター
ゆっくりと約1時間半のクルージングが開始しました!ここで、みんなでイルカの探索です!
みなさん、目を丸くしながら必至に背びれを探します。約160頭イルカが生息しているエリアにて探索。

ショーンさんも雨のなかデッキに出てびしょぬれの中、必至に探してくれましたが野生のイルカなので毎日100%私達の前に現われてくれるとは限りません。今回は残念ながら、見つけられませんでした。が、最後にショーンさんが船長室を案内してくれました!

舵をとってパシャリと記念撮影もさせてくれて、貴重な体験が出来ました。
デッキ 船長さん

クルージングが終わったら、ランチタイムです。お魚、ビーフ、ライス、チキン、サラダ、フルーツ、チーズにオリーブに盛りだくさんです。ビュッフェスタイルになっているので、おかわりも自由です。

船内には日本人スタッフもいるので、安心です。
バッフェメイン バッフェデザート

野生コアラ探し

コアラ コアラ大
イルカは残念でしたが、続いて野生のコアラ探し。

ショーンさんが担当するツアーでは今のところ100%の確率で発見できているとか。期待できます!!

まず、雨でしたので車内からコアラ探し開始!
開始後数分も経たないうちに、お客さんの一人が
「いた〜〜〜!!!!!!!」と叫んだので、覗いてみるとなんとも小さなコアラがこちらにおしりを向けているではないですか!
しかも結構近場にいます。なんともほほえましい光景。

みんなで外におりてその愛らしいコアラを眺めます。風もあり寒そうに縮こまっていましたが、愛らしい顔ももちろんちゃんと見られました!
それから、歩いて散策すると!またもや いた〜〜〜!!!との声が!行ってみると、こちらも小さなコアラが遠くのほうにいました!野生のコアラは初めてで感動です。

1匹のときや多くて4~5匹ほど目撃できる日もあるようです。

砂丘ドライブ、サンドボーディング、潮干狩り

4WD 砂丘

続いて、大砂丘のストックトンビーチへ!
ついた瞬間!
目の前に広がる広大な大砂丘に圧巻され、シドニーにこんな場所があったなんて〜感激です。今は柵があり一般の車では進入できないエリアがあります。私達は今回その柵に入ってサンドボーディングをする場所まで、4WDで向かいます。
ドライバーさんのスティーブさん。
上下に揺れながらジェットコースターなみのドライブでポイントまでいきます。結構、スリル満点です!揺れの苦手の方は前の座席へ、スリルを体験されたい方は後方の座席とあるので安心です。

ショーンさんとスティーブさんとても愉快で雨と風と寒さの中でしたが、砂すべりをみんなで楽しみました!
見た目は怖そうですが、滑ってしまえば楽しいです!!!雨だった事もあり、そこまで砂埃もなく写真撮影も出来ました!

しかし、そこは砂丘。やはり体中砂まみれにはなりますが、ここの砂はなんとも細かな砂なのではたけば落ちます。


スティーブンさん&ショーンさん今回は雨だったので乾いてからはたくと不思議とパラパラ落ちていきます。
ここまで来ると、ツアー全体がみんな友達気分でみんなで和気藹々と楽しみました!

そして、潮干狩り!
っといってもここにあるのはピピという少し大きめの貝です。もって帰ってしまうと罰金$20000とか。
今回は天候が悪かったのでピピを見つける確率は低かったそうですが、ショーンさんとスティーブさんのコンビだとそんな確率吹っ飛びます。

まず、スティーブさんがタイヤで穴があく場所を見つけ出し、ショーンさんがそこのエリアを中心に探すと…いました大きなピピです。ピピを砂に置いてしばらくすると、ピピが砂の中へ潜っていこうとします。そこでゆ〜くり引っ張り出すと、ピピが貝からべろーんとでています。不思議な体験です。

いままで、貝が潜っていく動作をみたことがなかったので興味津々!自然を満喫しました!

ポートスティーブンス ワイナリー

ワイナリー店内 ワイナリー
再びバスに乗り換え、今度はワイナリーへ向かいます。

ぶどう畑が目の前に広がります。

ワイナリーでは白、赤、デザートワインと試飲が出来ます。いままで味わった事のない新しいワインに出会える事間違いありません。
テイスティング

私は3種類ほどいままで味わった事のないワインに出会いました。

ご希望があれば、お探しのテイストを探してくれます。
お値段もお手頃価格で、お土産にももちろんですがご自身でホテルに帰りゆっくり味わうのにも最適かとおもいます。


そして、シドニー市内に戻るため出発です。ショーンさんがその日の夕食スポットなど希望にあわせて丁寧に教えてくれます。
また、IECオセアニアではオーストラリア&野生動物保護への継続的な活動も積極的に行っていて、日系エコツアー専門旅行会社なのです。

今回は雨の中にもかかわらず、大変貴重な体験をさせていただきありがとうございました。


今回のツアースケジュール
06:30-07:00 シドニー主要ホテル出発
08:20 休憩
10:00 ポートスティーブンス・ネルソンベイ到着
10:30-12:00 ドルフィンクルーズ(モーニングティー付き)
12:30-13:00 ランチ
13:00-13:30 野生コアラ探し
13:30-14:45 4WD砂丘サファリツアー (砂丘ドライブ、サンドボーディング、潮干狩り)
15:00-15:30 ワイナリー訪問
15:30 ポートスティーブンス出発
18:00-18:30 シドニー市内到着



持ち物
ツアー参加券(バウチャー),水着をお持ちになられると、ブームネットをお楽しみ頂けます (夏季),上着,2008年7月1日以降のご参加から国立公園使用料としてお一人様.65(5歳以上の方)が必要となります。お釣りの無いよう、ツアー当日にご用意ください





※料金、ツアー内容はツアー参加時のものとなります。
最新情報は下記のリンクよりご確認下さい。

ツアーのご予約はこちらツアーのお問い合わせはこちら

同じカテゴリー(観光)の記事画像
イルカウォッチング&大砂丘とワイナリー【体験記3】
イルカウォッチング&大砂丘とワイナリー【体験記2】
同じカテゴリー(観光)の記事
 イルカウォッチング&大砂丘とワイナリー【体験記3】 (2011-05-05 16:25)
 イルカウォッチング&大砂丘とワイナリー【体験記2】 (2009-12-24 16:10)

投稿日: 2008年09月05日

無料!新規ブログ作成
無料ブログの登録はこちら

はじめての方へ

オーストラリアで差がつくWeb戦略
無料WEBカウンセリング受付中!


削除
イルカウオッチング&大砂丘とワイナリー【体験記1】
    コメント(0)