シドニーの達人.com[シドニーツアー探検隊]

豪人.comTOP

シドニーの達人.comTOP

シドニーツアー探検隊

観光

イルカウォッチング&大砂丘とワイナリー【体験記2】

イルカウォッチング&大砂丘とワイナリー【体験記2】

野生のイルカに大接近!ポートスティーブンスからイルカを探しに出航!至近距離でイルカの撮影が出来ます。その他にもビーチで潮干狩りや、大砂丘で4WDやサンド・ボードも楽しめます。その後、ワイナリーでおいしいワインを試飲。野生のコアラやカンガルーにも会えるかも?知れない、盛りだくさんの充実したツアー。

今回のツアー探検隊員

シドニーの探検隊員
自由人F 探検隊員
今日は野生のドルフィンウォッチング、サンドボードで砂滑り、4WD砂丘ドライブ、潮干狩り等々、おじさんも1日、童心に戻って楽しんじゃいますよ!
★ 「イルカウォッチング&大砂丘とワイナリー」のご予約は、こちらから。★



出発


時間通りに小型バスがホテルまで迎えに来てくれました。
シドニーから北へ約200キロのところにあるポートスティーブンスに向けてバスで移動します。

ポートスティーブンスにあるネルソン湾は、 シドニー湾の約3倍の広さがあり、野生のイルカがおよそ160頭生息しているそうです。

イルカ遭遇率も95%以上だとか・・。

ポートスティーブンス/ネルソン湾到着

ポートスティーブンス・ネルソンベイ 
到着後すぐに、港に停泊していたムーンシャドウ号(66フィート・250人乗り)に乗船します。

席について、モーニングティーを飲みながら、ガイドさんから船内の案内を受けます。 どの場所がイルカウォッチングに適しているか、ガイドさんは的確にアドバイスしてくれます。
一休みした後、早速、教えていただいた
ベストポジションに陣取りました。

待つこと、数分、早速イルカの姿が見え隠れし始めました。

でも、まだまだ遠く、良く見えません。
ポートスティーブンス・ネルソンベイ ポートスティーブンス・ネルソンベイ
だんだん近づいていきます。
しかし、湾内では自然のイルカを守るため、クルーズ船には以下のようなルールがあります。

・イルカには30m以上近づいてはいけない
・一度に接近できる船の数は2艘まで。
・接近時間は30分間。

運が良ければ向こうから近寄って来てくれることもあるらしいのですが、今日はどうやら、機嫌が悪かったようです。

船が近づくと逆に遠のいてしまいました。
ドルフィンウォッチングの後はブームネットでくつろぐことができます。 
子供達は滑り台に夢中でした。水着とタオルを忘れずに!
港に戻り、船内にてブッフェランチが始まります。
ポートスティーブンス・ネルソンベイ ポートスティーブンス・ネルソンベイ

4WD砂丘サファリツアー

船内バーカウンター
今度はバスでストックトン砂丘に移動。 

そこで専用4WDに乗り込み砂丘ドライブの始まりです。

特に後部座席は揺れが大きいので、頭をぶつけないように気をつけてくださいね。
デッキ 船長さん

私たち専用のサンドボーディング・ゲレンデに到着。
船内バーカウンター
専用ボードにワックス塗って、両手を後ろ+体育座りの姿勢で滑り降りて行きます。

この両手はブレーキ代わりなのです。
自然にできた砂の傾斜角は25−40度。
 
単純な遊びだけど、楽しい!
しかし、滑り降りるのは楽勝なのですが・・・登りが大変なのです。

しかし童心に戻った私は4回も挑戦しました。
この後、バスでビルビビーチに移動します。

ビルビとはアボリジニ語で “大きなもの=鯨が通る所”の意味だそうです。
長さ32kmもある長いビーチなのです。

ここで潮干狩りに挑戦しましたが、この日は大潮で膝上まで水に浸からないと探せない状態でした。
ここの砂は、とてもキメが細かく、ワイキキビーチにも運ばれているそうです。
また、西遊記を始め、映画やコマーシャルの撮影場所として有名な場所なのです。
 
ガイドさんは写真家にも変身します。
こんな写真を取ってくれました!

野生コアラ探し

 
砂丘を離れ今度は、コアラ探しのポイントに案内されます。

誰にも知られていない秘密の場所だとか?

さぞかし、人が入り込めないような場所と思いきや、行ってびっくり。

どこにでもある道沿いのユーカリの木々ではありませんか?
周りには家や駐車場があり、多くの車や人が往来しています。

こんなところに野生のコアラがいるの?

疑いの目で探していると、ツアー仲間が早速発見。

さらに違う木でも発見!!

わずか20分間で2匹も発見してしまいました。
さすが発見率80%以上の秘密の場所!

ガイドさんから探すコツも教えてもらいました。

上を見て見つけられなければ、木の下にコアラの糞があるかどうかをチェックする。
コアラは昼間、殆ど動かないので、生乾きの糞があればその上にいるということなのです。

これからは、これを手がかりにコアラ探ししてみます。
勉強になりました。

ワイナリー訪問


続いてやってきたのは、ポートスティーブンスにあるブティック・ワイナリー。

ガイドさんはワインにも詳しいのです!
ここで彼のウンチクに耳を傾け、テイスティングを楽しみます。

もちろん、テイスティングだけでなく購入もできます。

また、ワインのみならず地ビールも作っているので、ビールの試飲・購入もできます。

シドニーへの帰り道


ガイドさんから第二次世界大戦下で起きた
「カウラの悲劇」やその後のオーストラリアと日本の関係等を教えていただきました。

ツアーを終えて


本ツアーの催行会社IECオセアニアさんはポートスティーブンスに本社を構えツアーを初めて催行したパイオニア。 だからガイドさんの話は、大変興味深く、勉強になりました。

ガイドさんが言っていた”自然は過去から受け継ぐものではなく未来に渡すものだ”という言葉が印象的でした。

自然・地域・文化に精通した専門ガイドさんが案内する充実感いっぱいの体験型エコツアーに大満足の一日でした。

今回のツアースケジュール
6:30-07:00 シドニー主要ホテル出発
8:20 休憩
10:00 ポートスティーブンス・ネルソンベイ到着
10:30-12:00 ドルフィンクルーズ(モーニングティー付き)
12:30-13:00 ランチ
13:00-13:30 野生コアラ探し
13:30-14:45 4WD砂丘サファリツアー (砂丘ドライブ、サンドボーディング、潮干狩り)
15:00-15:30 ワイナリー訪問
15:30 ポートスティーブンス出発
18:00-18:30 シドニー市内到着

持ち物
ツアー参加券(バウチャー),水着をお持ちになられると、ブームネットをお楽しみ頂けます (夏季),上着,飲み物代

※料金、ツアー内容はツアー参加時のものとなります。
最新情報は下記のリンクよりご確認下さい。

ツアーのご予約はこちらツアーのお問い合わせはこちら

同じカテゴリー(観光)の記事画像
イルカウォッチング&大砂丘とワイナリー【体験記3】
イルカウオッチング&大砂丘とワイナリー【体験記1】
同じカテゴリー(観光)の記事
 イルカウォッチング&大砂丘とワイナリー【体験記3】 (2011-05-05 16:25)
 イルカウオッチング&大砂丘とワイナリー【体験記1】 (2008-09-05 01:03)

投稿日: 2009年12月24日

無料!新規ブログ作成
無料ブログの登録はこちら

はじめての方へ

オーストラリアで差がつくWeb戦略
無料WEBカウンセリング受付中!


削除
イルカウォッチング&大砂丘とワイナリー【体験記2】
    コメント(0)